CONTACT

ABOUT SIGNAL

PRIVACY POLICY

CASE STUDY2016.12.31 (Sat)

【事例】人気Webライターの起用だけじゃない“熱意が伝わる”インフルエンサーイベント

nishina

  • 仁科圭太郎 | Keitarou Nishina
  • 株式会社シグナル PRコンサルタント

こんにちは。PRコンサルタントの仁科です。
PRでは情報の拡散を狙ってインフルエンサーを集めたイベントをしてみても、思うように盛り上がらなかったり、本来伝えたかったことがうまく伝わらなかったりといったことはあるものです。

そこで今回は、熱意が伝わるインフルエンサーイベントの事例として、シグナルがお手伝いしたトレンドマイクロ様のブロガーイベントをご紹介します。

image05

自社の商品説明会では反応がイマイチ。さらにネットでは叩かれ……

セキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター」を販売するトレンドマイクロ様は、シグナルにご依頼いただく前から自社によるブロガー向け商品説明会やアフィリエイトプログラムといった取り組みをされていました。しかし、商品説明会ではイベントが思うように盛り上がらず、イベント企画に悩まれていました。

さらに、当時ITリテラシーの高いインターネットユーザーの間には、「ウイルスバスターは動作が重い」といったマイナスイメージが……。

こうした背景から、「セキュリティやサービスに対する実直な取り組みを伝えつつ満足度の高いイベントを開催することで、マイナスイメージを払拭したい!」とシグナルにご依頼いただきました

人気ライター ヨッピーさんを起用しつつ、企業の熱意を伝えられるイベントに

イベントのターゲットは、トレンドマイクロ様のアフィリエイトプログラムメンバーおよび、ガジェット系ブロガー。本件を担当した私・仁科は、公私ともにインターネット文化に深く接しており、ターゲットと同じ文化圏に属している自負があります。

そのため、ターゲットが興味を持つポイントや、「高い品質はもちろんのこと、サービスには信頼できるビジョンを求める」「いい面ばかりを伝える話は信用しない」などといったインサイトの理解には、自信がありました。

トレンドマイクロ様からのご依頼を受けたとき私は、過去の商品説明会が盛り上がらなかった原因は、製品の機能や品質は伝えられても、ターゲットの興味を押さえつつ企業のビジョンや本音を伝えるコンテンツ作りができていなかったことにあるのでは?と考えました。

そこでまず、イベントコンテンツには、お付き合いのあるブロガーさんの意見も参考にしながら、ウイルスの歴史(第1回)やブロガーの親世代であるシニアのデジタルライフ(第2回)といった“ターゲットが興味を持ちやすい入口”を用意。参加したくなるイベントをとことん目指しました。

そして、特に重要な登壇者には人気Webライターのヨッピーさんを起用。その他、池澤あやかさんやミゾイキクコさん(動画出演)といったITリテラシーの高い方によく知られるお2人もお迎えしました。

ネットで大人気のヨッピーさんを招いて面白いテーマを設定すれば話題にはなりますし、イベントも盛り上がりますが、ゴールはあくまでも製品や企業を好きになってもらうこと。ただ面白いだけでは、ターゲットに好きになってもらうことはできません。そのため、きちんと製品や企業のことを伝えられるよう、トレンドマイクロ様からセキュリティ啓発の担当者様や、ウイルス解析の担当者様にもご登壇いただきました。

image01

セキュリティに対する取り組みや、ウイルスと戦う現場担当者の熱意をトークショーでストレートに伝えたり、その場で製品のサポートセンターに問い合わせ、ヨッピーさんからの意地悪な質問にもオペレーターが丁寧に対応する様子を見せたりと、企業の真摯な姿を見せられるシーンを多く用意したのは特に意識した点です。

イベント後、参加者のほぼ100%がブログでイベントを紹介!

image04

その結果、男性ブロガーはイベントに招いても本当に興味を持ってもらわない限りブログに書いてもらうのが難しい傾向にあるにもかかわらず、男女ともに参加者のほぼ100%がブログやSNSで取り上げてくれました!

特に、ウイルスバスターの特徴やトレンドマイクロ様の理念といったこちらが本当に伝えたかったことをブログに書いてくださるブロガーが多かったのは、イベントでトレンドマイクロ様の熱意が伝わった結果だと思います。

さらに、参加者アンケートでもトレンドマイクロ様の取り組みに対する好意的な声が多く聞かれ、「すごく良いイベントだった」と評価していただいたことはトレンドマイクロ様にとってもシグナルにとっても最もうれしいことでした。

有名人を呼べばPRが成功するわけではありません!

有名人をキャスティングしてイベントを開催すれば成功すると思う方もいるかもしれません。しかし、それだけではPR効果の高いイベントはできません。この事例の成功要因はターゲットのインサイトを意識し、面白くありつつもきちんと商材への理解に落とし込めるコンテンツ作りにあったと言えます。

【参考リンク】
・ヨッピーが破天荒な自分史を語るイベント「ガチでセキュリティな夜」レポート|ウイルスバスターチャンネル

構成:福田さや香